整理収納アドバイザーがおススメする収納用品【子ども部屋編】

子供部屋 収納 カラーボックス

奈良でお片付け・お引越しサポートをしています【ここちいいへや】の中西彰子です。

四月に入り、入園、入学シーズンになりましたね。進学や進級に際して、お子さんのために子ども部屋を片付けたり、身支度が出来るスペースを準備されているママさんも多いかと思います。

今日は、現場経験が豊富な整理収納アドバイザーがおススメする、子ども部屋の収納にひったりの収納用品をご紹介したいと思います^^


カラーボックス(ニトリ)

子ども部屋 収納 カラーボックス

カラーボックスは、幼稚園や保育園の頃にはおもちゃ収納として使い、小学生からは教科書などの学用品収納として、長く使えるので、とてもおススメです。

我が家の子どもたちも高校生と中学生になりましたが、カラーボックスを買い足して教科書や塾のテキスト、プリントやその他の学用品、私物の収納として使っています。

画像のカラーボックスはニトリの昔の型のものですが、今のニトリのカラーボックスはさらに棚板の位置を変更する自由度が高くなっていて、便利です。

お片付けの現場では、お子さんのいらっしゃるご家庭に高確率でご提案しています。作業の際は電動ドライバーでチャチャと10分くらいで組み立てるのですが、普通のドライバーでも、20分くらいあれば組み立てられます。今はドライバーいらずのNクリックという商品もあるので、組み立てが苦手な方はそちらにされてもいいですね^^

SKUBB(IKEA)

子供部屋のクローゼット収納

子ども部屋のクローゼットの収納でよくご提案するのが、IKEAのSKUBBです。クローゼット上段で季節外の衣類や服飾小物、思い出の作品等を収納しておくのにピッタリです。

軽い素材なので、クローゼット上段に置いていても取りやすく、蓋がないのでサッと出し入れが出来るのもおススメポイントです。

SKUBBは色んなサイズがあるのですが、一般的なクローゼット上段には、幅31センチ、奥行き34センチ、高さ33センチが大きさが合って使いやすいです。

画像は、お引越しサポートにお伺いしたお客様の子供部屋のクローゼットで、まだ中にモノを入れる前でしたのでラベリングをしていませんが、いつもは取っ手の所に麻ひもとメッセージタグでラベリングしています。今はセリアで挟むタイプのラベルが販売されているので、そのようなタグやラベルで中身が分かるようにするといいですね。

とっても便利箱45Sロング(天馬)

子供部屋のベッド下収納

子ども部屋でお子さんが一人で寝られるようになったら、ベッドを購入されると思いますが、ベッド下の収納におススメなのが、天馬のとっても便利箱45Sロングという商品です。

この商品の良い所は、高さが17センチ、奥行が98センチと一般的なシングルベッドの高さと幅にピッタリ収まる事と、幅も45センチあるので、子どもの四つ切り画用紙の作品や思い出のモノなどが余裕で入る所です。

収納付きのベッドも販売されていますが、掛布団を除けないと開け閉め出来なかったり、ベッド下の掃除がしにくいというデメリットがあるので、ベッドを購入される時はシンプルな足つきのベッドを購入して、下にとっても便利箱で収納スペースを作るのをおススメします。

キッズハンガーシェルフ(na-KIDS)

子ども部屋の洋服ラック

子ども部屋やリビングで、お子さんの身支度スペースを作るのにおススメなのが、na-KIDSのキッズハンガーシェルフです。

この商品のおススメポイントは、洋服を掛けるバーの高さが小さなお子さんでも掛けやすい高さである事と、上にも下にも棚があるので、帽子や園バッグ、ハンカチやティッシュなどモノが置けて、お子さん自身で自分のモノを管理しやすい所、そして、キャスター付きで掃除がしやすい点です。下の棚は可動式なので、お子さんの成長に合わせて長く使えます。我が家でも子どもたちが幼稚園の頃から中学生まで大活躍してくれました。

子ども部屋の収納用品を購入する際には、おしゃれかどうかより、子ども目線で使いやすいかどうかを基準にしていただければと思います。

収納が使いやすければ、お子さんも自分で身の回りの事がやりやすくなり、自信や自立に繋がりますし、お家の方もすごく楽になります!

ちょうど新しい生活が始まる今のシーズンに、ぜひお子さんが片付けやすい仕組みを整えてあげて下さいね。

↓「お片付けサポート」について詳しくは ↓

お片付けサポートページへ
メニューページへ
事例ページへ
お申し込み・お問い合せページへ

\ follow me /

Instagramアイコン
Facebookアイコン